和解成立までの期間

和解成立B型肝炎訴訟を起こしてから和解成立まではどれぐらいの期間がかかるのでしょうか。平均的には1年ほどあれば和解が成立するようです。また必要書類がしっかり整っておりとりわけ争うべき論点が整理されている場合などは半年ほどで訴訟が成立する場合もあります。降車手順を踏み給付金が触れることになりますが弁護士に依頼している場合には一度依頼した弁護士事務所に給付金が支払われることになります。そこから弁護士の報酬を差し引き、依頼者へと入金されるという流れがほとんどです。

このようにしっかりとして手続きを踏めば決して安くはない給付金を受け取ることができるB型肝炎訴訟制度ですが、実際のところB型肝炎に感染していながらもこの制度を利用する人はあまり多いとは言えません。その大きな理由となっているのが訴訟という非常に面倒に思える手続きを踏まなければいけないという点でしょう。給付金請求権は非常に正当な権利とも言えますが、煩雑な手続きのことを考えると二の足を踏んでしまうというのも気持ちはわかります。しかしながら弁護士を利用することによってそのようなストレスをかなりの程度を軽減することはできますので該当すると思われる方は積極的に弁護士に一度相談してみることをお勧めをします。場合によっては1千万円を超える給付金も支払われることがあります。該当する人は給付金がいくらになるかはわからないとしても、取り組んでみる価値があるでしょう。

関連リンク≪B型肝炎訴訟問題:弁護士法人アディーレ

Pocket

弁護士に相談するとよい理由

裁判所B型肝炎訴訟の受給資格に該当すると思われる人はなるべく早めに弁護士に相談することによってスムーズに訴訟を行うことが可能となります。弁護士に依頼することによって作成困難な裁判所に提出するための様々な書類を作成してもらうことや、実際の裁判所への出頭なども行なってもらうことができます。B型肝炎訴訟に関係する弁護士費用は一律に決まっているわけではありません。そのためそれぞれの弁護士事務所が定める費用を支払う必要があります。B型肝炎訴訟に伴う弁護士に関係する費用は給付金額の4%が国からは給付金額とは別に支給されることにもなります。それだけ負担を軽くすることができますので積極的に弁護士を利用して行く方が良いでしょう。

さらに必要となる書類も一次感染によるものと、二次感染による場合で異なります。これらの必要な書類を全て揃えた上で裁判所に訴状を提出します。提訴する裁判所は原因となった集団予防接種などが行われた場所を管轄する裁判所となります。それぞれの地域における地方裁判所や東京地方裁判所が該当するでしょう。このような手順を知っておくともしもB型肝炎訴訟に該当する心当たりがある場合スムーズに行動に起こすことができます。最後に和解成立までの期間について触れていきたいと思います。

Pocket

B型肝炎の給付金制度を利用するために

集団予防接種B型肝炎という言葉を聞いたことがあるでしょうか。肝臓の病気の一種でB型肝炎ウイルスの感染によって引き起こされる病気です。このB型肝炎を巡ってB型肝炎訴訟というものがあります。B型肝炎訴訟とは幼少期のある一定の時期に集団予防接種などを受けた際、注射器を使い回すことによってB型肝炎ウイルスに感染するという事例が存在するため、こうした被害者を救済するための処置として設けられた制度のことです。訴訟ということもありただ単にB型肝炎に感染しているという証拠を提出するだけでは給付金を受け取ることはできません。本当に集団予防接種などが原因でB型肝炎に感染したのかを訴訟によって決定する必要があるのです。とはいえ集団予防接種で注射器を使いましたことが原因ではないということを証明することも非常に難しいため、多くの場合給付金が支給されるケースがほとんどです。

B型肝炎訴訟の対象者としては次の二つの項目に分けられます。一つは集団予防接種などによりB型肝炎ウイルスに感染した人、そしてもう一つは集団予防接種などによりB型ウイルス肝炎に感染した母親からの母子感染が証明された人です。これらに該当する人は2022年1月12日までにB型肝炎訴訟を提訴しなければなりません。しかしながら実際に訴訟を起こすという手続きは多くの方にとっては不慣れなものです。煩雑な手続きが必要となります。そのためB型肝炎訴訟に該当する人はなるべく早めに弁護士に相談すると良いでしょう。

Pocket