和解成立までの期間

B型肝炎訴訟を起こしてから和解成立まではどれぐらいの期間がかかるのでしょうか。平均的には1年ほどあれば和解が成立するようです。また必要書類がしっかり整っておりとりわけ争うべき論点が整理されている場合などは半年ほどで訴訟が成立する場合もあります。

降車手順を踏み給付金が触れることになりますが弁護士に依頼している場合には一度依頼した弁護士事務所に給付金が支払われることになります。そこから弁護士の報酬を差し引き、依頼者へと入金されるという流れがほとんどです。

このようにしっかりとして手続きを踏めば決して安くはない給付金を受け取ることができるB型肝炎訴訟制度ですが、実際のところB型肝炎に感染していながらもこの制度を利用する人はあまり多いとは言えません。その大きな理由となっているのが訴訟という非常に面倒に思える手続きを踏まなければいけないという点でしょう。

給付金請求権は非常に正当な権利とも言えますが、煩雑な手続きのことを考えると二の足を踏んでしまうというのも気持ちはわかります。

しかしながら弁護士を利用することによってそのようなストレスをかなりの程度を軽減することはできますので該当すると思われる方は積極的に弁護士に一度相談してみることをお勧めをします。場合によっては1千万円を超える給付金も支払われることがあります。

該当する人は給付金がいくらになるかはわからないとしても、取り組んでみる価値があるでしょう。

弁護士に相談するとよい理由