B型肝炎の給付金制度を利用するために

集団予防接種B型肝炎という言葉を聞いたことがあるでしょうか。肝臓の病気の一種でB型肝炎ウイルスの感染によって引き起こされる病気です。このB型肝炎を巡ってB型肝炎訴訟というものがあります。B型肝炎訴訟とは幼少期のある一定の時期に集団予防接種などを受けた際、注射器を使い回すことによってB型肝炎ウイルスに感染するという事例が存在するため、こうした被害者を救済するための処置として設けられた制度のことです。訴訟ということもありただ単にB型肝炎に感染しているという証拠を提出するだけでは給付金を受け取ることはできません。本当に集団予防接種などが原因でB型肝炎に感染したのかを訴訟によって決定する必要があるのです。とはいえ集団予防接種で注射器を使いましたことが原因ではないということを証明することも非常に難しいため、多くの場合給付金が支給されるケースがほとんどです。

B型肝炎訴訟の対象者としては次の二つの項目に分けられます。一つは集団予防接種などによりB型肝炎ウイルスに感染した人、そしてもう一つは集団予防接種などによりB型ウイルス肝炎に感染した母親からの母子感染が証明された人です。これらに該当する人は2022年1月12日までにB型肝炎訴訟を提訴しなければなりません。しかしながら実際に訴訟を起こすという手続きは多くの方にとっては不慣れなものです。煩雑な手続きが必要となります。そのためB型肝炎訴訟に該当する人はなるべく早めに弁護士に相談すると良いでしょう。

Pocket

Published by