弁護士に相談するとよい理由

裁判所B型肝炎訴訟の受給資格に該当すると思われる人はなるべく早めに弁護士に相談することによってスムーズに訴訟を行うことが可能となります。弁護士に依頼することによって作成困難な裁判所に提出するための様々な書類を作成してもらうことや、実際の裁判所への出頭なども行なってもらうことができます。B型肝炎訴訟に関係する弁護士費用は一律に決まっているわけではありません。そのためそれぞれの弁護士事務所が定める費用を支払う必要があります。B型肝炎訴訟に伴う弁護士に関係する費用は給付金額の4%が国からは給付金額とは別に支給されることにもなります。それだけ負担を軽くすることができますので積極的に弁護士を利用して行く方が良いでしょう。

さらに必要となる書類も一次感染によるものと、二次感染による場合で異なります。これらの必要な書類を全て揃えた上で裁判所に訴状を提出します。提訴する裁判所は原因となった集団予防接種などが行われた場所を管轄する裁判所となります。それぞれの地域における地方裁判所や東京地方裁判所が該当するでしょう。このような手順を知っておくともしもB型肝炎訴訟に該当する心当たりがある場合スムーズに行動に起こすことができます。最後に和解成立までの期間について触れていきたいと思います。

Pocket

Published by